ホームページの基礎知識

Website Basics

HTML・CSSとは

HTML(HyperText Markup Language)とCSS(Cascading Style Sheets)はホームページを作成するときに使うプログラミング言語のことを言います。

HTMLの役割

ホームページの構造を定義する役割があります。具体的にはタグと言うものを使って骨組みを作ります。下記はHTMLの一例です。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
 <meta charset="utf-8">
 <title>HTMLの例</title>
</head>
<body>
 <h1>タイトル</h1>
 <p>本文</p>
</body>
</html>

CSSの役割

CSSはHTMLで定義した骨組みに、色をつける場合や大きさを調整する場合に使用します。HTMLに直接書き込むことも可能ですが、現在はHTMLとは別にCSSファイルを用意して利用することが主流です。下記はCSSの一例です。

body {
 line-height: 1;
}

ホームページについてもっと知りたい方

どのようなことでもお問い合わせください。