ホームページの専門用語について | 東北テクニカルシステムズ株式会社

コラム

ホームページ制作に関連するコラムを記載しております。

ホームページの専門用語について

2021年12月2日 2022年10月9日

ホームページ(Webサイト)の制作では難しそうなITの専門用語が多く使われており、戸惑ってしまう方も多いかもしれません。当記事ではWebサイト制作でよく使われる専門用語をわかりやすく解説をしていきます。

  1. レスポンシブデザイン
  2. ドメイン
  3. ユーザービリティ
  4. Webサイト
  5. SEO
  6. ブラウザ
  7. サーバー
  8. ヘッダー・フッター
  9. ワイヤーフレーム
  10. WordPress(ワードプレス)

Web制作でよく使われる専門用語

Web制作でよく使われる専門用語

1.レスポンシブデザイン

パソコン、タブレット、スマートフォンなど端末の大きさ毎に画面のサイズを自動的に切り替えてWebサイトを使いやすくする手法のことをレスポンシブデザインと言います。

レスポンシブデザインでWebサイトを作成することで、どの端末からでも閲覧しやすくお客様が使いやすいWebサイトに仕上がります。

2.ドメイン

WebサイトのURLに表示される名前のことをドメインと言います。具体的には「https://○○○.com」の○○○の部分であり、お客様の会社名やサービス名を指定することが一般的です。

3.ユーザービリティ

Webサイトの使いやすさのことをユーザービリティと言います。オシャレを狙いすぎて使いにくいWebサイトも最近はよく見かけます。

Webサイトは多くの人に見られるものなので、訪問者とってわかりやすく使いやすいデザインで設計することが基本となります。

4.Webサイト

一般的に企業のサイトのことはホームページという名称で呼ばれていますが、ホームページのことを本来はWebサイトと言います。意味としてはどちらも同じような意味合いです。

5.SEO

Google検索で上位に表示できるようにする施策のこと全般をSEO(Search Engine Optimization)と言います。

有益な情報が適切に記載されているWebサイトは検索の上位にも表示されやすくなります。

6.ブラウザ

「Google Chrome」「Safari」「Firefox」「Brave」「Microsoft Edge」などのことをブラウザと言います。

Webサイトを閲覧するためにはいずれかのブラウザが必要です。一方で、全てのブラウザに対応したWebサイトを制作することはコストが多くかかるので、Webサイト制作をする際には対応ブラウザを絞ることが重要です。ブラウザについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

Webサイトの対応ブラウザを絞り込むべき理由

7.サーバー

Webサイト専用の365日動いているパソコンと考えるとわかりやすいです。サーバーが止まるとWebサイトも止まってしまいます。そのため安定して動いている実績のあるサーバーを選定することがWebサイトにおいては大切です。

8.ヘッダー・フッター

Webサイトの上の部分をヘッダー、下の部分をフッターと言います。一般的にヘッダーには重要なページへのリンクをつけ、フッター部分には全ページのリンクやプライバシーポリシー、SNSへのリンクを載せることが多いです。

9.ワイヤーフレーム

Webサイトを作る際に使うページのイメージなどをわかりやすく書いた設計書のことをワイヤーフレームと言います。

10.WordPress(ワードプレス)

世界的に使用されているWebサイトを作成するシステムのことをWordPressと言います。世界中のWebサイトの多くはWordPressを使用しており多くの使用実績と商用利用可能なところが利点です。

\シェアはこちら/
著者プロフィール:東北テクニカルシステムズ株式会社 編集部

著者プロフィール:東北テクニカルシステムズ株式会社 編集部

東北テクニカルシステムズ株式会社 編集部では、これまで数百社を超えるホームページ制作・Webコンサルティングの実務から得たノウハウや知見を幅広くお届けしております。

公式ページはこちら

ホームページ制作・SEO対策・Web集客は当社にお任せください

無料相談・お問い合わせはこちら

しつこい営業は一切行いません。
ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

022-200-6350

受付時間(平日)9:00〜18:00