企業Webサイトを持たない場合の6つのリスクとは?様々なリスクについて解説

2021年12月1日 2021年12月30日

インターネットが普及した現在、企業のWebサイトを持たないということには様々なリスクがあります。なぜ企業のWebサイトがないとリスクなのか6つの観点から解説していきます。

  1. 企業Webサイトを持たない場合のリスク
  2. 企業Webサイトを持たない場合の6つのリスクとは?まとめ

1.企業Webサイトを持たない場合のリスク

企業Webサイトを持たない場合のリスク

お客様からの信頼性が低下する

Webサイトは商品やサービスの宣伝だけに使うものではありません。会社の情報や経営者・社員の情報を幅広く公開し、お客様や関係者に情報を発信していくこともWebサイトの重要な役割です。特に近年では大多数の企業が自社のWebサイトを持っており商談の前に担当者は必ずWebサイトをチェックしています。またスマートフォンの普及により一般の消費者も企業のWebサイトを見ることは当たり前になりつつあります。

Webサイトが存在しない会社というのは検索者へ悪い印象を与えかねません。ここの会社は営業をしているのだろうか、ここの会社と取引してもいいのだろうか、などの余計な不安を相手に与えてしまう恐れがあります。BtoB向けの会社でもBtoC向けの会社でも今の時代はWebサイトは必須です。お客様、関係者への信頼感という意味でもWebサイトを開設していないことは大きなリスクになり得ます。

インターネット経由のお客様を獲得できない

パソコン、スマートフォンが普及した現在はインターネット経由でお客様を獲得・商談まで発展する機会も多くなりました。特に地方の会社ほどインターネット経由で顧客と接点を持つ傾向にあります。Webサイトを活用できている会社にとってはビジネスチャンスですが、逆にWebサイトを活用できていない企業は顧客獲得を逃しているという点で大きなリスクになります。

インターネット経由のお問い合わせに対応できない

前述の通り、Webサイトを閲覧した見込み客がそのままWebサイトからお問い合わせをするケースも多いです。特に若い世代はインターネット上で購買することに抵抗がない傾向にあります。また、お客様からのお問い合わせ以外にも他社からの業務提携依頼なども来るケースもあります。このようにWebサイトというインターネット上での窓口は非常に重要であり、Webサイトを開設していないということは様々なビジネス機会を逃すことに繋がりかねません。

商品・サービスの情報発信機会が減る

当然ですが自社のWebサイトがない場合、サービス・商品の宣伝を行う機会が減ってしまいます。現在Googleなどの検索エンジンを使用しない人はほとんどいません。日々、顧客へ向けての情報発信をし続けることがお客様から選ばれることに繋がります。情報発信の機会を失うという意味でも、自社Webサイトは非常に重要な位置付けとなります。

Webサイトを持っている競合他社に負ける

現在の消費者はサービスを探す時や何か困っていることがあれば、まずはインターネットで情報を検索します。このときインターネット上で自社のWebサイトが出てこない場合、無条件で選択肢から外れてしまい、比較検討の前に競合他社に負けてしまいます。多くの企業がWebサイトを持っていることが当たり前の時代では、自社のWebサイトを持っていない場合競合他社に勝つことは非常に難しいと言えます。

社員採用が難しくなる

Webサイトがない会社では社員の採用も難しいです。特に学生や若い世代はインターネット上から情報収集をすることが当たり前という感覚を持っています。社員採用の観点からも適切に情報をオープンにしているWebサイトの存在は重要であると言えます。

2.企業Webサイトを持たない場合の6つのリスクとは?まとめ

企業Webサイトを持たない場合の6つのリスクとは?まとめ

自社のWebサイトはあって当たり前という時代になってきており、持たざることのリスクは大きくなってきました。 まだ自社Webサイトを開設していない場合は早めに開設することをおすすめします。

\シェアはこちら/