ホームページの料金比較サイト・一括見積もりサイトの裏話について解説

2021年12月1日 2021年12月30日

最近はWebサイト制作の料金比較サイトというものが多く見受けられるようになりました。一見便利に思える比較サイトですが、実は使いこなすのは意外と難しいです。今回はWebサイト制作の料金比較サイト(一括見積もりサイト)の仕組みについて解説します。

  1. 中間マージンが発生しコストは上乗せされる
  2. 価格でしか勝負できない業者が多く集まる
  3. 信頼性が疑問視される場合も多い
  4. ホームページの料金比較サイト・一括見積もりサイトの裏話まとめ

1.中間マージンが発生しコストは上乗せされる

中間マージンが発生しコストは上乗せされる

最近ではWebサイト制作の料金比較サイト、または一括見積もりサイトというものが多く見られるようになりました。一見これらのサービスはWebサイト制作会社を探すときに、一度に複数社から見積もりが取れるので便利に感じるかもしれません。しかしWebサイト制作に関しては料金比較サイトに掲載されている会社はおすすめできません。

料金比較サイトの仕組みとしてはWebサイト制作会社が料金比較サイトに広告費を支払っている場合か、もしくは仲介成立時に料金を支払う仕組みです。料金体系はそれぞれの比較サイトで異なりますが一般的には数100万円から制作費の30%などです。結局のところ料金比較サイトを通してしまうと中間マージンの分コストが掛かるため、制作会社側のコストが大幅に上がり、その結果Webサイト制作の価格に転嫁をするということが起きています。

2.価格でしか勝負できない業者が多く集まる

価格でしか勝負できない業者が多く集まる

本当に意味のあるWebサイトを作る場合には、お客様の業務内容・競合他社の活動・企業理念・活動方針などを調査確認し、1社1社フルオーダーメイドで作る必要があります。そして良いWebサイトを作るためには、制作前・制作中・制作後の全てのプロセスにおいてお客様と密に連携を取りニーズを汲み取りながら提案をしていく必要があります。

しかし、料金比較サイトを使う場合は基本的に最安値の価格を提示した業者が受注をする場合が多いです。そのため、提案力や企画力などで付加価値をつけられる業者よりも、価格が安いだけの業者が多く集まりがちになります。価格が安いということは相応のWebサイトにしかなりません。一括見積もりサイトではこのような業者が多くいるということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

3.信頼性が疑問視される場合も多い

信頼性が疑問視される場合も多い

料金比較サイトや一括見積もりサイトは、サイトオーナーの自己判断でサービスの評価を操作できてしまいます。例えば掲載料を多く支払っている制作業者をランキングの上位にすることもできます。このようにランキングの中身がブラックボックス化されていて信頼性が疑問視される場合も多いため、活用には注意が必要です。

4.ホームページの料金比較サイト・一括見積もりサイトの裏話まとめ

ホームページの料金比較サイト・一括見積もりサイトの裏話まとめ

以上が料金比較サイトや一括見積りサイトの仕組みと裏側です。また、弊社はこのような理由から料金比較サイトへの掲載をお断りしています。※もし、料金比較サイトに掲載されている場合は私たちの意思ではなく勝手に掲載されています。もちろん一括見積りサイトで最も安い業者に発注をしたいという場合には良い選択かもしれません。しかしWebサイトを活用して成果を上げていきたいと考えている場合には別の方法で制作会社を探した方が良いでしょう。

\シェアはこちら/