Webサイトのアクセス数を増やす方法とは?10の施策について解説

2021年12月11日 2021年12月30日

Webサイトを作っても思うように検索順位が上がらない、アクセスが増えないという悩みは多いと思います。当記事ではアクセス数を増加させるための施策や考え方をわかりやすく解説していきます。

  1. 役に立つ有益なコンテンツを制作する
  2. コンテンツをたくさん用意する
  3. コンテンツを定期的に更新する
  4. SNSなども活用していく
  5. スマートフォンからの閲覧にも対応する
  6. Webサイトのデザイン・使いやすさを洗練させる
  7. SEO対策を行う
  8. Googleマイビジネスに登録する
  9. Webサイト限定の特典をつけるなどの施策を行う
  10. 商工会議所や業界団体に加盟しリンクを貼ってもらう
  11. Webサイトのアクセス数を増やす方法まとめ

1.役に立つ有益なコンテンツを制作する

Webサイトのアクセス数を増やす上で最も重要な要素であり考えるべきことは、閲覧しているユーザーにとって有益なコンテンツを制作することです。

有益なコンテンツを制作するとは閲覧している方の疑問や悩みを解決しニーズを満たせる内容を作ることです。

例えばAという検索キーワードに対するページを作成する場合は、Aという内容を中心にコンテンツを作成していくことが基本です。よくある間違いがAという情報以外にBやCの情報も埋め込んでしまうことです。

ユーザーはAの情報を知りたいので、関係のないBやCの情報は基本的には入れてはいけません。ユーザーの検索意図を満たすためにはAという内容を深堀りしてコンテンツを作成することが大前提の考え方です。

有益なコンテンツを作成するということは、 言い換えればユーザーが求めている検索意図に沿った内容のコンテンツを制作するということになります。

また企業Webサイトを制作する場合はターゲットを明確にすることも重要です。

ターゲットがぶれると何が売りの会社かわからないWebサイトになるため、思い切ってターゲットを絞ってコンテンツを制作していくほうが、アクセスアップには繋がりやすいです。

有益な内容で制作をするということはアクセスアップに一番大切な要素といっても過言ではありません。常にユーザー目線でコンテンツを制作することを心がけましょう。

2.コンテンツをたくさん用意する

有益なコンテンツを作ることと同時にコンテンツをたくさん制作することも重要です。

一般的にコンテンツの量が多いほうがGoogleなどの検索エンジンの評価は高くなりやすく検索結果にも良い影響を与えます。また、たくさんのコンテンツを制作することは一回の訪問では全ての内容を閲覧できない場合もあるので、 ブックマーク登録がされやすくなり再度閲覧をしてもらえる可能性も高まります。

3.コンテンツを定期的に更新する

Webサイトは一度制作したらそれで終わりではないため、Webサイト公開後も定期的に情報を更新していくことが重要です。

数年前から情報が更新されていない会社よりも、常に新しい情報を更新している会社の方が信頼出来ると多くの人は感じます。また定期的に情報を更新しているということがお客様に周知されれば、お客様も定期的にWebサイトをチェックしようと思い再度Webサイトを閲覧する可能性は高くなります。

また定期的に情報を更新しているWebサイトの方が検索エンジンは評価するため、検索エンジン対策としても定期的にコンテンツを更新していくことは大切です。

4.SNSなども活用していく

いまはFacebookやInstagram、TiktokやTwitterなど様々なSNSを無料で使えます。

それらのSNSにWebサイトのURLを貼り付けることで、SNS経由でのWebサイトのアクセスアップも狙えます。現在は純粋なSEO対策だけでのアクセスアップを狙うのではなく、SNSなど様々なツールも活用していくことがアクセスアップには重要です。

5.スマートフォンからの閲覧にも対応する

スマートフォンが普及している現在は、外出時や外勤先から企業のWebサイトを閲覧することも少なくありません。

一昔前に作ったような古いWebサイトでは画面の小さいスマートフォンからの閲覧には対応していない場合が多く見受けられます。スマートフォンから閲覧すると文字が小さくて読みにくくストレスが溜まる、とお客様が感じてしまえばそのWebサイトを再度閲覧することは二度となくなってしまいます。

そのためWebサイトをスマートフォンから閲覧しても不自由なく使えるように対応することは、アクセスアップの観点からも重要です。

さらにスマートフォンからの適切な閲覧に対応をしているWebサイトの方が、検索結果の順位にも良い影響を与えるということを発表しているため、スマートフォン対応も必須と言えます。

6.Webサイトのデザイン・使いやすさを洗練させる

Webサイトは訪問者に情報提供をするためのものです。

そのため情報提供に不向きなデザインや、使いにくいデザインではいけません。情報がまとまっていて目的の情報までたどりやすくて使いやすい、しかもデザインは今風で個性を表現しているWebサイトを構築することが、競合との差別化になり、結果的にアクセスアップにも繋がります。

7.SEO対策を行う

アクセスアップの王道の施策としてSEO対策があげられます。

SEO対策とは検索エンジン最適化のことを言い、検索結果の上位に出やすくする施策のことを言います。前述の施策は全てSEO対策に繋がっているため、良質で役に立つコンテンツを制作することや、スマートフォンに対応すること、デザインや使いやすさを洗練させることなど全てがアクセスアップに繋がるSEO対策と言えます。

より細かい点ではWebサイトが表示されるまでのスピードを上げることや、titleタグやhタグなどを適切に使うことなどの技術的なことも絡んできます。

具体的には、タグを適切に使用することや内部リンクを適切に設置することなどは内部SEO施策といい、被リンクを増やすことやSNSなどで拡散されることを狙う外部SEO施策とも言います。

SEO対策とは一つの施策ではなく、様々な手法を組み合わせていくことが本当の意味でのSEO対策になります。

8.Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスに登録し情報発信やWebサイトと連携することもアクセスアップには効果的です。

特に地域密着型の店舗ビジネスをしている場合は、Googleマイビジネスの登録は必須です。Googleマイビジネスを活用していくことは今後のWebサイトのアクセスアップには欠かせないと言えます。

9.Webサイト限定の特典をつけるなどの施策を行う

Webサイトからのお問い合わせの場合は特典をつけるような施策を行うことも効果的です。

SNSなども活用しながらWebサイトへ誘導するような導線を上手く設計できれば、Webサイトのアクセスアップにも繋がります。

Webサイト限定の特典というのは発想次第で様々な施策を打て競合他社との差別化にも繋がるためオススメです。

10.商工会議所や業界団体に加盟しリンクを貼ってもらう

年会費などが掛かりますが地域の商工会議所や業界団体に加盟をすると多くの場合で商工会議所や業界団体のWebサイト上でリンクを貼ってくれます。その結果、商工会議所や業界団体のWebサイトからの閲覧が増えるということもあります。

また、市役所のWebサイトに有料で広告を載せることもできます。おおよそ月額5,000円から高い地域だと5万円程度です。 現実的には市役所のWebサイトに広告を出稿してもアクセス数はそれほど増えないケースのほうが多いですが、他のWeb広告媒体よりも低額のため始めやすいです。

11.Webサイトのアクセス数を増やす方法まとめ

Webサイトのアクセス数を増やす方法まとめ

Webサイトのアクセスアップのための方法は一つではなく様々な手法があります。

Webサイトのアクセスアップを考えている場合はここで解説をした施策を一度考えてみることをおすすめします。

\シェアはこちら/